スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受験校選び

看護学校を受験するにあたって、
やはり大切になってくるのが目的となる受験校選び。

私の場合は、姉(現役看護師)に聞いて
「ここの学校がええんちゃう?」
と適当にアドバイスをもらったので、
あぁ、そんなもんか…と思って第一志望校は決まったのですが…。

ただ、その一校だけを受験するっていうのは、
自分の中でかなりのリスクだと思ったので、
他の学校も受験したので、その時のことを書こうと思います。


●自分の生活や性格を考える。
→たとえば、お子様がいらっしゃる方や早起きが苦手…など、
 学校が遠方になるとしんどい…という方は近場の学校をおススメします。
 (看護学校は、遅刻は本当に厳禁らしいです。)
 注意することとしては、いくら学校が近くても実習先が遠方ということもありますので、
 そこも注意したほうがいいです。

●授業料で考える。(奨学金はあるか?など)
→やっぱりお金は大切です。

●併設の病院がある学校なのか?
 それとも○○医師会のように、併設の病院はなく色んな病院を実習で廻る学校なのか?で決める
→これも、それぞれにメリット・デメリットがあります。
 基本的に、併設の病院がある学校は、学校の近所に実習先の病院があります。
 ただ精神科系の実習先は、山奥にある場合が多いので、そこも確認しておいた方がいいです。

私の場合、この3つを軸にして考えました。

そして…

◎オープンキャンパスへ行く。
→これは看護学校受験する方、全員行ってください。 
 「たぶん、この学校受けへんやろう。」と思っている学校でも、できれば行ってください。
 (よっぽど遠方とか、お金もらっても行きたくない…というのなら別ですが。)
 なぜなら学校によってはオープンキャンパスに出席したかしてないか、カウントしてる学校もあるから!!
 そして何より、学校を見比べられる…というのは、大きなチャンスです!
 (もし第一志望校が決まっていても、オープンキャンパスでイマイチ…と思うことも多々あります。
 また、見比べることによって、第一志望校のよさが改めて判るってこともあります。)

また、あえてしなかったのは…

○過去の倍率で決める
○偏差値で決める

→偏差値や倍率が高いと確かに不安になりますよね。
 ただ、看護専門学校の場合、
 偏差値が低い→テストが悪くても大丈夫…というワケではありません。
 要は、偏差値が低い→テスト簡単→皆高得点をとる…という場合もあります。
 また偏差値が低いのに、ありえんほど問題難しい→2~3問解ければOKという場合もあるそうです。
 (そして何より面接があります。これが普通の大学とは大きな違いで、例え試験で100点を取っていたとしても
 面接で落とされることはザラにあるそうです。やはり、医療人としての適性をみてるワケで…。
 将来、看護師としてやっていけるのか?ということを、しっかり見られます。←また、後述しますね。) 

 倍率も、人気校になればなるほど確かに上がりますが、
 看護専門学校って、何校も受験日が同じということがよくあるそうです。(近年は特に。)
 だから倍率も、たまたま前回の試験日が、他の学校と被らなかったから受験生が集まった…
 ということもよくあるそうです。

やっぱり、行きたい!と思った学校は、
誰が何と言おうと、受けたほうがいいと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

ichico

Author:ichico
名前:いちこ

所属:アラサー独女
詳細:社会人→看護専門学生

2013年4月から某看護専門学校に通います。
今までの経緯など、忘備録代わりに書いていきたいと思います。
現在看護学生の方や、私と同じく2013年4月から看護学生になられる同級生の方、看護学校に詳しい方、看護専門学校を目指そうとしている方…コメント等戴ければ嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。