スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勉強の仕方③

看護専門学校を受験する方の勉強方法として、過去問を解く方法を取られる方は多いと思います。

私も第一志望校の過去問は、過去10年ぐらいを手に入れ解きました。
解いていると気づくのですが、

学校によって年々難しくなっている学校もあれば、年々簡単になっている学校もあります!!
(実際に今年受験してみて、今までの過去問でほぼ満点とれていた学校が、
今年は解きにくい問題になっている学校がありました。)

これはなぜなのか予備校の先生に聞いたところ、
「前年の受験の生徒の質によって、問題のレベルを変えているのだろう。」
とのこと!!

前のブログにも書きましたが、
看護専門学校は、偏差値の低い学校→問題簡単、偏差値の高い学校→問題難しい…という
ストレートな問題の出方はあまりしないそうです。
しかも、倍率も年々高くなっているので、
   問題簡単→だから、ほぼ満点とらなくてはいけない。
   問題難しい→だから、2問ほど解ければOK

という場合もあるそう…。
(もちろん、どんな問題でも満点とれる力があれば、それに越したことはないですが。)

だから、過去問にこだわることは、あまりなくてもいいのかな~と思います。

じゃあ、過去問はしなくていいのか?と聞かれると、それも違っていて(←一体どっちなんだ!!)
過去問で見るのは、問題の出る傾向をみたらいいと思います。
(例えば、マークシート形式なのか記述式なのか?、問題の量はどれぐらいなのか?
国語は、漢字・文学史・四字熟語・ことわざ(つまり暗記物)はどれぐらいでるのか?
英語は、長文や整序、穴埋めが何題でているのか?
数学は、どれぐらいのレベルの問題が出るのか?
生物は、どこの部分をきいてくるのか?等々)

過去問と同じ問題なんて、ほぼ絶対出ませんからね!!

だから、過去問はそこそこにしておいて、
自分の弱いところを重点的に解いて克服していく…という方法がいいと思います。

また、勉強する時は、
志望校より、少し難しめのところの勉強もしておく!!

というのをオススメします。

例えていうと、
    A看護専門学校…偏差値50
    B看護専門学校…偏差値53
で、A看護専門学校が志望校だったとします。

そしたら、B学校の問題も解いておいたほうがいい!!ということです。

なぜならA学校が志望校だから、A学校の問題をMAXで考えていると、
A学校が、自分の受験年に難しくなった場合、解けない可能性があるからです。
(ちなみに、私も第一志望校をMAXで考えていたので、第一志望校は落ちました(笑)。
(↑第二志望とかなり僅差の第一志望校だったので、後悔等は全くないので別にいいのですが。)
そして、第二志望の学校も、第一志望校への勉強をしてたらか解けたという問題が何問かありました。)

ただでさえ、不安で忙しい受験期間なのに、さらに上の勉強まで…となると、
不安を煽るようなブログになってしまいましたが、
コツコツ勉強してれば、大丈夫です!!

ランキングに参加してみました♪
押していただければ、今後の励みとなります


看護学生 ブログランキングへ
にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(医療・福祉)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ichico

Author:ichico
名前:いちこ

所属:アラサー独女
詳細:社会人→看護専門学生

2013年4月から某看護専門学校に通います。
今までの経緯など、忘備録代わりに書いていきたいと思います。
現在看護学生の方や、私と同じく2013年4月から看護学生になられる同級生の方、看護学校に詳しい方、看護専門学校を目指そうとしている方…コメント等戴ければ嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。