スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会人の面接

※私は社会人で初めて看護学校を受験したので、
 社会人向けの面接のことしか書けませんが、その時のことを書こうと思います。

●看護師の志望動機
●その学校への志望動機

は、願書に書いているので、面接ではほとんど聞かれません。
(予備校に行っていた友人達も、志望動機を聞かれた…という方は、かなり少なかったです。)

じゃあ、何を聞かれるのか?という話なのですが、

私の場合
●今までの会社で何を培ってきたのか?
●何故その会社に入ったのか?
●転職回数が多いけどなぜか?

(私の場合、2回(しかも1回は会社の経営不振による会社都合の退職だったのに!!)転職したのですが、
それでも「多いわね」と言われました。(10年以上働いてたら、転職だってすると思うんですけどね…))


と、まるで転職の時の面接のようなことを聞かれました。

また、
●試験はできたか?
●あなたの性格の長所と短所は?
●現役の学生と仲良くできるか?
●お金は大丈夫か?

という質問も…。
(後半の部分は、当たり前といえば当たり前ですが。)

(ちなみに、お子様がいる方は、
●子供の世話は大丈夫か?
●子供が熱を出した時など、子供から目が離せない時はどうするのか?

等々も聞かれた…と言ってましたね。)

たぶん、一貫して
「学生たちと仲良くやっていけるのか?」
「この人は、看護専門学校に入っても簡単にやめないか?」
「国家試験を取るまで諦めないか?」

を見てるんだと思います。

よく
「圧迫面接だから落ちた」「面接官優しかったから合格した」という声も聞きますが、
正直言って、それもアテにならないと思います。

なぜなら、私が合格した学校は圧迫面接だったからです。
(私個人は、あまり圧迫だとは感じなかったのですが(笑)、
終わった後、友人に「こんなこと言われた」と言ったら、
「それ、圧迫やん!!」と驚かれました。)


やはり人間なので、威圧的な態度や質問をされると、
驚いてしまってなかなか思うように話せなかったりはすると思うのですが、
今までの営業経験のおかげ(?)で、多少きつい態度の方にも笑顔で対応するという癖がついていたので、
それがよかったのかも知れません。

素晴らしいことを言うのも確かに大切ですが、
まるで書いてきたことのように話すと、
面接官は「この人は、自分の言葉で話してないな…。じゃあ、もう少し立ち入った質問してみようか?」
となるそうです。(面接官もプロですからね!)

だから、面接で一番大切なことは、
●笑顔
●聞き取りやすい話し方
●簡素に解りやすく相手に伝える

ことだと思います。

※ちなみに…
●面接官の声が小さくて、聞き取りづらい→質問を聞きなおした。
●噛んでしまって、ドモってしまった→一言謝って言い直した。
ということであれば、そんなに気にすることもないと思います。
(私は両方ともしましたが、「ハァ?」という変な態度をされることもなく、受け入れてくれましたよ!)


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ichico

Author:ichico
名前:いちこ

所属:アラサー独女
詳細:社会人→看護専門学生

2013年4月から某看護専門学校に通います。
今までの経緯など、忘備録代わりに書いていきたいと思います。
現在看護学生の方や、私と同じく2013年4月から看護学生になられる同級生の方、看護学校に詳しい方、看護専門学校を目指そうとしている方…コメント等戴ければ嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。